製造卸商材 株式会社スエダTOP 印章店専用コンサルティング
 

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 2020年05月 >>
月別記事
カテゴリ
株式会社スエダ
代表取締役 末田真一
福岡県北九州市小倉北区
砂津2丁目7-15

TEL:093-521-8001
FAX:093-522-5794
mail:
sueda@puchiname.com

■事業内容■
印章ゴム印製造卸、
会社用代表社印、
角印、実印全般、
印刷用樹脂版、
ハガキ名刺印刷、
ペット名札、
熱転写プリント、
カッティングステッカー等
ホームページ
QRコード
qrcode
<< 最後の冬将軍? | トップ | しょうたのお気に入りマスク >>
とても危険な捨印(すていん)
 1パーセントの男です。

捨印は、とっても危険です。
捨印の意味はよく理解しておいたほうが良いと思い書きました。

捨印とは契約書などの文書の内容に訂正がでた場合に、
前もって訂正印になる印鑑を欄外に押しておくことです。

これによって後日、
訂正が必要なときにわざわざ相手の押印をもらいに行かなくて済みます。

契約書を受け取る側にとっては手間が省けて都合のいいことですが、
捨印を押す側にとっては訂正があるかどうか分からない段階で押すため
知らないうちに内容を追加されたりされ悪用される恐れがあります。

金融会社の借用書に捨印を勧められて押し、後に
捨印を押したところに文章を書き込まれて財産を差し押さえられている
ドラマのシーンが私の記憶に残っています。

言われるがままの捨印はしないでください。

捨印を勧められた場合は、その場では押さずに
訂正箇所が見つかったら連絡をもらい担当者に押し印をもらいに
来ていただくようにするか自分がその場所に行く。

そして、必ず訂正箇所に目を通し、確認してから押印をしてください。

※相手が銀行の場合は、悪用される心配はあまりないと思います。
| 印鑑のまめ知識 | 09:29 | comments(0) trackbacks(0)
コメント
コメントを書く









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

*無料 アクセス解析
*太陽光発電